いいチームとは?|秋川牧園リクルートサイト
News

お知らせ

04 2022.05

新卒採用

いいチームとは?

新人研修ではチームビルディングを意識した内容を充実させました

 

いいチームとは?

 

みなさん、考えたことがあるでしょうか?

 

会社で働くということは、チームで結果を出していくということ。

いいチームを作っていくことが大切です。

 

チームとは何なのか?

大辞泉にはこう書いてありました。

「ある目的のために協力して行動するグループ」

ここでも出てきましたね、目的(Purpose)という言葉。

 

いいチームをつくるために必要な事

1.チームの目的を明確にする

まずいいチーム作りの第一歩になるのは、チームの目的を共有することです。

お互いのことも、何をするのかもよくわからない状態から、

「私たちは何のために集まっているのか?」

これを全員が意見し、共有することが大切です。

ここでは、コミュニケーションの量が大切になってきます。

 

2.本気の意見をぶつける

次にチームのメンバー同士で本気の意見をぶつけ合わせます。

この時は対立や衝突が起こり、感情がモヤモヤしやすくなります。

チームとしての生産性も低下し、苦しい状況となっていきます。

これを乗り越えるために必要なのがコミュニケーションの質

 

3.役割分担とルールを明確にする

最後に各人の強み弱みを理解し、役割分担を明確にします。

目的や目標を自分ゴトとして捉え、チームとしての合言葉や共通言語が生まれてきます。

「お金のことは○○さん」「人の調整は△△さん」「アイデア出しは□□さん」

チーム全員が各々の得意分野を理解し、納得感を持って、それぞれの分野でリーダーシップを発揮していきます。

そして、最後には「ずっとこのチームでやりたい」という思いを全員が持っていることでしょう。

 

考えてみれば、小学生、中学生の時から私たちはこの練習をしてきています。

毎年4月にクラス替えがあり、お互いのこともよくわからない状態からクラスは始まります。

運動会や合唱祭では幾度となく衝突が起き、何度もクラスで話し合いを行います。

そうして、クラス全体で協力していき、3月には「ずっとこのクラスでいたい」という思いになっていくのです。

 

いいチームには完璧なリーダーは必要ありません。

全員がチームの目的を理解し、それぞれの強みを活かしあえる関係が必要なのです。

 

4月末で今年の新人研修が終了しました。

最初はお互いに全く話さず、大人しかった5人の新入社員たちも、

研修の最終日に行った料理づくりでは、「お昼ご飯をつくる」という目的に向かって全員が協力し、

積極的に動いている状態になっていました。

 

1人では出来ないことも、たくさんの人が集まれば出来るようになります。

チームとしての目的を理解し、お互いの強み弱みを補完していけば、より大きなことを成し遂げられるはずです。